「独立開業サポートを比較してみるその1」オンリーワン美容室のつくり方!

あなたが美容室を開業しようとした時、どうすればよいのか考えると思います。インターネットを使って検索したり、本屋さんで美容室の独立開業に関しての本を探したり、勤務先のオーナーに相談したり取引先の担当者に資料をもらったりするかも知れませんね。

最近では「独立前~開店・集客まで」すべてサポートをしてくれる業者さんもいくつかありますので、参考にすると良いかと思います。今回は、代表的な業者さんの内容を比較するため、私の方で調べて見たものを報告させて頂きます。

ただ、内容的に非常に込み入っていたり、言葉がむずかしい部分もありましたので、私の方で分かりやすい言葉に置き換えたり、単純になるように3つを1つにまとめたりしていますので、あらかじめご了承下さい。(その1では2社をご紹介)

今回は、美容室開業の全体の流れ(一連のプロセス)をあなたと一緒に確認したいと思います。全体の流れも、サポートをする会社によってそれぞれ違うことが分かります。
ここでは、ご自身が「開店までの流れ」が一通りイメージできるまでぜひ読み込んで下さい。

スポンサーリンク

  A.  美容室開業.com 様の場合

15年前から理美容室専門で設計施工&独立開業サポートをしている所です。「坪数」と「セットイス&シャンプーイスの数」により、パック料金のように料金提示しているのが特徴です。(例)「10坪/2セット・1シャンプー」総費用600万円。
以下、「美容室開業.com」様の開業までの流れになります。

1.準備段階

  • 独立時期・開業エリアの目安を立てる
  • 創りたいサロン規模の目安を立てる
  • テナント物件を探す

2.設計~融資

  • ラフ平面図のご提案
  • 物件の申し込み
  • 創業計画書の作成~融資の事前対策
  • 内装創りスタート~完成パース作成
  • 保健所の打ち合わせ

3.工事~開店

  • 内装工事着工
  • 衛生機材の準備~店内設備
  • 保健所検査
  • オープン準備~開店

※相談などは、個人で対応しているためその分きめ細やかな対応が期待できます。
 大手メーカー以外はサポートしてもらえる(担当してもらえる地域)が限られています。

又、範囲もその都度変化するようですから、事前に美容室開業.com様に問い合わせて確認すると良いでしょう。事前に電話などで相談することで、相手との相性や自分の中であいまいだったものが、相談先からの質問でフォーカスされてはっきりしていく事が多々ありますので、積極的に利用して下さい。

B.  タカラベルモント様の場合

美容の世界に身を置いている人で、知らない人はいないというほど国内最大の美容メーカーです。友人のお店を見せてもらったことがありますが、店舗デザインはさすがにステキだと思わせます。

又、美容機器(セットイス・シャンプーイス・遠赤外線加温器etc)など高品質な製品作りをしています。

お任せ発注すると、店舗の内外装~レジ周り~遠赤外線・スチーマー~什器類~使用する薬剤関係まですべて揃いますが、事前に予算設定をしておかないと良いものに目移りして「高額」になってしまう可能性がありますので、注意して下さい。

1.準備

  • 準備(2・3年前)
  • イメージ作り~情報収集
  • 独立開業セミナー

2.資金~工事

  • (1年前)コンセプト&プランニング&資金計画
  • (半年前)スケジュール作成&テナント探し
  • 設計・施工会社選定~機器の検討
  • (1ヶ月前)広告宣伝・HP制作
  • 会計事務所~スタッフ教育
  • 化粧品・材料の仕入れ

3.開店~経営

  • 開業
  • 開業後 、経営努力
  • 顧客管理&スタッフ育成 / 経営力向上

※理美容室では、タカラベルモントの製品(器具・薬液含め)を使用している理美容室が全国にがたくさんあります。良い製品かどうかは、購入してから何年使えるか(耐久性)、故障しにくいか(高品質)、保証(サポート)、故障に対応してもらえるか(アフターサービス)はあるかなどで決まります。

私のサロンの器具は、そのほとんどがタカラベルモントのものですが、開業以来30年間使い続けても故障が少ないです。最近では、支店や展示場が縮小気味ですが、モノは高品質でアフターサービスも申し分ないと思います。同類の機種の場合、他メーカーと比べるとやや高いかなって感じると思います。

 本日のまとめ

いかがでしたか?

今日は、数ある「美容室開業サポート業」中でも、特にトータルで面倒を見てくれる会社の中身を2社だけ紹介しました。支援内容も、とても良く出来ていると思います。

もし、あなたが1から10まで「丸投げ」するなら、このようなパック料金で開業や集客までサポートしてくれるような体制の所なら、開店に全エネルギーを使わないでその分、余力を残しておけるのでおすすめです。

それでも、手作りケーキとお店で販売されているケーキの違いがあるように、自分のこだわりや思いを表現できるのは自分で考えて作る「手作りサロン」だと思うのです。ですから、

  • 最初の美容室だけは、
  • 手を掛けて時間を掛けて、
  • でもお金は掛けずに、
  • ネーミング~設計~集客~開店まで
  • チャレンジして欲しい

と思っています。まるで手作りケーキのように、作り手のこだわりや愛情をたくさん注いで愛されるお店を作って欲しいです。さらに、時間を掛けて「オンリーワンのmy salon」に味付けしていって欲しいです。

編集後記

今回はあなたのために書こうと思った内容でしたが、書いているうちに昔の事がよみがえりました。

  • 自分でお店を出すしかない!
  • そんな気持ちが芽生えてから準備して
  • ネーミングを考えて
  • 物件を探して~
  • 業者を決めて~
  • 見積もりを出してもらい~
  • 美容組合の事務所に行って推薦状をもらい~
  • 無事、公的融資を受けて~
  • どうにか開店にこぎつけた

そんな30年前の自分の事が思い浮かんできました。

最近では開業する美容室よりも、閉店や廃業する美容室の方が圧倒的に増えています。自分でお店を持つのはやっぱり無理かなぁ?と考える人が多い中、成功する人は「閉店廃業した美容室を安く借りて集客さえできれば必ずうまくいく」と考えます。

関連記事:「独立開業サポートを比較してみるその2」繁盛店に育て上げる考え方!

スポンサーリンク