当たり前が特別になる瞬間!サロン設備による差別化サービスとは?

エアコンがない美容室、音楽が流れていない美容室、トイレがない美容室って想像出来ないけれど、現実には古い建物のテナントなどはたまに存在しています。コンビニも客はトイレ利用禁止だったり、都内ではトイレそのものが無いコンビニもあるくらいだから不思議でないかも知れません。

もしも、うるさいだけのBGM(音楽)、やたら寒い店内、お掃除していないような汚いトイレだったら?最初から無い方が良かったかも知れないなんて思います。

ふだん私も色々なお店を利用しますが、ブティックなどでは音楽がうるさくて気になる店も結構あるし、スーパーやデパートの食品売り場などは空調が効きすぎて寒いと感じる事もしばしばあります。トイレが汚いと感じる居酒屋・食堂・・・先日入った目黒駅前の韓国料理店などは言葉にしたくないほど汚れていました。食べる前にこのトイレを利用してしまったので、出て来た食事もあまり美味しく感じられませんでした。

この回では、

  1. 視聴覚サービス
  2. 空調設備
  3. トイレ

の3点について掘り下げて考えてみたいと思います。

関連記事:絶対に外せない「美容室お客様サービス6」気をつけたい独りよがりの自己満サービスはコレ!

スポンサーリンク

1.視聴覚サービス

美容室と言えば音楽を流している店がほとんどですが、ここ数年ネット配信音楽サービス、そしてスマホやタブレットを利用する人が圧倒的に増えてきたため、そのサービス方法も変化して来ています。

  • BGM
  • ラジオ
  • テレビ
  • ビデオ
  • youtube等

私のサロンでは「有線放送」を利用していましたが、30年ほど前は本当に「有線」で電柱に音楽用のケーブルを使用するので、株式会社有線が電柱1本当たり○円と所有者にお金を払っていました。数年前から「アンテナ」を立てて衛星放送を使った配信に変わりましたが、この方法だと電柱にはお金が掛からないので、月額料金も抑えて提供できるようになったようです。

ところで自分の店で音楽を流そうとすると「音楽著作権」の問題が出て来ますので、違法にならないよう準備して利用してください。スマホやタブレットは「WiFi」を使わないとパケット通信料が膨らんでしまうので、お客様へのサービスとして「WiFiが無料で利用出来る環境」を整えましょう。これも立派なサービスの一つになります。

理美容室の一部では、音楽だけで無く「映画」「DVD」を見られるようにしていますが、施術中や放置時間はイヤホンやヘッドフォンを使えない場面が多いので実用的ではありません。

2.空調設備関連

美容室にとって重要な設備の一つに空調があります。エアコンだけでなく、以下のような種類があります。

  • エアコン(天吊り、壁付け、置き型)
  • ヒーター(ガス、灯油、電気)
  • 空気清浄器 
  • 除湿器・加湿器
  • アロマ
  • 換気扇

エアコンについては「天井埋め込み」「天吊り式」「壁掛け式」などいくつか設置方法に違いがありますが、どれを選んだとしてもエアコン自体で「寒」は対応できますが「暖」をコントロールすることは出来ませんので、ファンヒーターなど足元を暖めるものをサブとして準備しましょう。

私の所では特に冬場の時期は、

  1. タイマーで開店3時間前からエアコン(天井埋め込み式)の暖房を入れて
  2. タイマーで開店1時間前に石油ファンヒーターのスイッチが入り
  3. さらにご来店時には、遠赤外線の電気ヒーターで足元を暖める

3段階でお客様が冷えないように工夫しています。男性の場合はほとんど気にしなくて良いのですが、女性は個人差がかなりありますからお一人ずつ、その場でお伺いして対応してあげてください。花粉症などアレルギーのお客様は(いちいち言わないですが)空気清浄機や加湿器は間違いなく喜んでもらえます。

これらのほとんどのものは

  • フィルターの掃除、交換

が必要になります。定期的にメンテナンスを行い、フィルターで詰まってたなんてことの無いようにしましょう!

3.トイレ

美容室にとって、トイレは女性がおもなターゲットであるので当たり前のことですが常に清潔にたもつ必要があります。美容室が表だとすると、トイレは裏になりますがトイレの状態でお店に対する印象が大きく変わります。

  • 男女共有・男女別か
  • スタッフ共有か否か
  • 和式か洋式か
  • 便座、排水、手洗いが自動か
  • ウォシュレット、ビデ洗浄はあるか
  • BGMが流れているか(スピーカー設置)
  • 空調や換気は十分か
  • 芳香剤、消臭剤、空気清浄器は必要か
  • 手ふき、ペーパータオルの用意は?
  • 定期的な清掃が行えるようにしているか

がポイントになろうかと思います。テナントの場合設備を変更出来ないこともあると思いますが、出来る範囲で取り組んでみてください。

まとめ

設備については、定期的に手入れや掃除しなければ、かえって信用を失うことがあります。流している音楽や空調、そしてトイレに関しては日頃からお客様に「どうしてこのBGMを選んでいるのか」「どんなことに気をつけている」とか「こだわっていること」を伝えておくことも大切です。

私のサロンには「子供連れ」で見える方もいます。子供が利用した後のトイレはすぐにチェックした方が良さそうです。

  • 便器周辺が汚れていたり
  • ペーパーがだらしなくぶら下がっていたり
  • 便座のふたが開きっぱなしだったり・・・

母親の後始末に期待してはいけません。次に利用するお客様は事情が分かりませんので「どうして掃除してないの?」と感じてしまうでしょう。

余談ですが、フタが付いている便座の場合は「フタを閉める」方が良いそうです。お客様の中には「フタを空けようとする時、きれいかどうかでドキドキする」と言っていた方がいましたが、風水的には便器のフタが開いていると、

  • そこから「陰の気」が発生してトイレにいる人に悪い影響を与え
  • さらに家の中にまで広がってしまう
  • トイレのフタとドアは両方とも閉めて「陰の気」が他の部屋にいかないように
  • 便器の水に光源が映るのも良くないため、フタを閉める習慣をつけましょう

とあります。自分が気になるかどうかではなく、女性の視点で!がポイントです。では又。

関連記事:当たり前が特別になる瞬間!サロン設備による差別化サービスとは?

スポンサーリンク