フィンテックで銀行もお金もいらない?スマホで投資・決済・送金・貯金・借入れすべて完結!


ご存知ですか、フィンテック?

まずは、経済産業省がyoutubeでフィンテックについて分かりやすく解説していますのでご覧ください。

フィンテックとはファイナンス(金融) +テクノロジーをかけ合わせた造語です。フィンテックがわかると、これから世の中が大きく変わることが予測できます。「スマホなんて必要ない」そう考える人は50代以上の人に多いと思いますが、スマホは今や生きていく上で必要不可欠な道具といえます。

私はスマホやタブレットの使いこなしの勉強会をすることがあります。そこで必ずお話しするのが「最後にあなたの命を救ってくれるのが、スマホになるかもしれない」ということです。これは冗談ではなくて、スマホを持って使えれば緊急時の連絡、災害時の居場所の特定などに役立つからです。

私は山を歩いたり、トレイルランニングをすることがありますが、そのときの命綱がスマホといえます。そんなスマホも充電と電波がキレれば邪魔にしかなりませんが(笑)、電話連絡・GPS・地図アプリなど、スマホでなければできないことがそこにはたくさんあります。

[フィンテックとスマホ]

このフィンテックではスマホがなければほぼ利用できません。また便利になればなるほどセキュリティの強化も必要になります。振込や決済・送金など、それぞれのアプリの使い方とより強固なセキュリティのかけかたを覚えなくてはなりません。

この記事は「俺は一生スマホなんか使わない」と頑張っている方には不要な内容になります。予めご容赦下さい<(_ _)>

スポンサーリンク

1.脳みそのパラダイムシフト?が必要

私自身がレコード盤をはじめに買ったのが45年前。ルークリスティーの「魔法」と言うシングルレコードでした。高校1年生の時でしたが、当時はCD(コンパクトディスク)はまだありませんでした。音楽はすべてレコードという形でしか存在しませんでした。

時代的に、レコードからミュージックテープ→CD→DVD→BD(ブルーレイディスク)とこんな流れがありました。ところが、今はどうでしょうか? Appleがインターネット上で音楽配信や曲の販売をしています。最近はAmazonも音楽配信と曲の販売に積極的です。 CDを購入する人はごくわずかになりました。

今や中高生のほとんどはインターネット上から好きな曲を購入(スマホで支払い)してダウンロード→インストールという方法をとります。私はアマゾンのプライム会員になって10年になりますが、現在の支払いはカード決済ですし、電車の移動はSuica(スイカ/電子マネー)を使い、セブンイレブンはnanaco(ナナコ/電子マネー)を使います。

もしも・・・これを代引きや現金でやりとりしていたら、どうなるでしょう?

考えただけでもぞっとしますね。まず財布は小銭であふれます。土地勘の全くない都市部では切符をその都度買わなくてはなりませんから、その分時間がかかります。いまや旅行でのお土産もカードや電子マネーでの決済がほとんどです。

現金を持たない安心感現金を持っていなくてもなんとかなる安心感は言葉に表現できません。私たちは今、とんでもない時代に生きていると自覚しなくてはなりません。自分が興味があるとか、持っていないとかそういうレベルでは無いのです。

スマホを使いこなさなければ、車さえ十分な機能を使うことができない時代が来ています。たとえば、スマホでエンジンをかけるスマホで自分のいる場所まで車を呼び出すとか・・・そんなことができる時代がもう目の前なのです。

2.現金が大好きな日本人と ATMの普及

日本人は現金での支払いが大好きな人種だと言われています。事実、 Amazonメルカリでもコンビニ振込が未だに多いそうです。

一方で、中国人は「現金を信用していない」と言われています。これはいまだに偽札が多いこともあるようですが、国土が広いため、日本のようにATMが多くありません。そのため中国ではレストランや夜店などの商品やサービスまで、支払いのほとんどがスマホアプリで行われています。

アフリカのマサイ族ガラケー+スマホだと普及率は90%ぐらいだそうです。15年以上前からケータイやスマホで送金できるM-PESA(エムペサ)が普及しています。ただ、最初に書いたように

  • 電気や水道のようなインフラが整備されていない地域だということ
  • まだまだ文字が読めない人が多い

こんな理由からマサイ族の中でもスマホを使ってネット通販を利用出来るのは、教育を受けた若い世代が多いようです。日本では銀行のATMはもちろんですが、コンビニやショッピングセンター、郵便局などあちこちに現金を引き出す設備があるので、中国やアフリカに比べてフィンテックに関してはまだ関心が薄いようです。

 3.フィンテック+スマホでできること

フィンテックはそれだけでは役に立ちませんが、スマホやスマホアプリと連携することで、いろんなことが出来るようになります。現在、銀行で振込すると手数料掛かります。土日祝日だと自分の口座から引き出したり、自分の口座に入金するのでさえ手数料がかかります。

フィンテックを使えば、個人間はもちろん商売の取引先の支払いまでも手数料がかなり安くなる可能性が高いのです。銀行は手数料収入で経営が成り立っていますが、今後はこの手数料が減収することで倒産する銀行が出てくる可能性さえあります。

フィンテックでできること

  • 個人間の送金→手数料大幅ダウン
  • 飲食店で事前にオーダーと支払い
  • 自動で毎月積み立て貯金
  • 投資
  • 保険やローンにおける信用度調査→ AIがスコア化
  • ロボアドバイザー→株式や金など自動買い付け&運用
  • 中古品の即時換金→メルカリNowなど
  • その他

私の経営する美容室も今は券売機を使っているので、お客様に事前にお支払いをしてもらっています。現金のやりとりがないので、その分時間の節約とスタッフは本来の仕事に集中できるので助かっています。

飲食店などでも来店の際にお客様が自分の注文したいものをQRコードで読み取って、そこに表示される料金をその場で支払うとなれば、帰る際のお金やクレジットカードのやりとりがなくなるので、お客様はもちろん、店側にとっても人件費や時間の大きな節約になります。

帰り際に現金のやりとりがなくなることで、いわゆる「お見送り」がなくなりますが、これも時代の流れということで客と店の双方の理解があれば問題ないことだと思います。

これから実際にお店の商品をQRコードを使って決済してもらうとなると、事前に一つ一つの商品やメニューにQRコードをつけておかなくてなりません。これもおそらくスマホで全て完結できるような方向に向かうと思います。メニューの変更や取り消しなどがスムーズにいけるなら私の美容室でも券売機→QRコード決済にしていきたいと考えています。

今回はフィンテックの詳細についての記事ではないので細かい説明はしていませんが、時代が大きく変化する事は感じていただけたのではないでしょうか? スマホもどんどん進化しています。私も最近、 Samsung(Galaxy) edge7からSamsung(Galaxy) Note8に新しくしました。近々スマホについてもお話したいと思っています。

今日はこの辺で、ではまた。吉原将行


数あるサイトから、ご訪問頂きましてありがとうございます

サイト運営者 吉原 将行です。

私は美容室を経営する傍ら13年前からネットワークビジネスに参加しています。若い頃から体は丈夫で無我夢中で仕事して来ましたし、たくさんのお客様にも恵まれたので悩みにはまったく無縁でした。
ところが長く商売を続けているといろんなことが起こります。

そんな中、ネットワークビジネスとの出会いが私にとってはそれが救いであり、とても大きな財産となりました。

そしてこれからの時代、多くの方にとって「ネットワークビジネス」は理想的な仕事(副業としても)の一つであり、さらに「ネットワークビジネスに関する正しい情報」をみんなで共有する事はとっても重要なことではないか・・・と考えています。

さらに今、ネットワークビジネスはインターネットで展開することで

  • 時間にとらわれず
  • 場所に左右されないで
  • あなたが自営業の方でも、会社経営者でも
  • すき間の時間に構築することが可能です
  • 友人・知人お誘いが出来ない、苦手という方でも取り組めて
  • チームでのサポート体制が整っているので
  • ご自分のグループの拡大が見込めます

「現役の美容室経営者・会社経営者」として、又長年ネットワークビジネスで収入を得ている経験を活かしてしっかりサポートさせて頂いています。

あなたはネットワークビジネスにどんな印象をお持ちでしょうか。

「ねずみ講」だと誤解されていたのは、もう「むかし」のこと。最近ではネットワークビジネスの仕組みが見直され、多くの人たちに支持されています。ネットワークビジネスの仕組みは、とても良くできています。

明日どうなるかわからない今の世の中で唯一、頼りになるビジネスモデルです。そして、ネットワークビジネスは これまでのクチコミ勧誘 ではなくインターネットを使うことでさらに加速と可能性を実感できます。

実はインターネットで展開できるネットワークビジネスはかなり限定されています。ぜひ、ご案内資料をご覧になってみてください。

あなたの持つ「ネットワークビジネス」のイメージが間違いなく変わる目からうろこ級の内容を今なら「先着10名様に限り」無料で提供させて頂きます。「できたら直接話がしてみたい」というあなたは「電話相談」も可能です。お気軽にどうぞ!

※先着10名様に限定させて頂いているのは、資料請求後のサポートやご質問に個別に対応することが困難なためですのであらかじめご了承下さい。予定数を超えた場合は空席が出来るまでお待ち頂いております。お一人お一人に誠意を持って対応させて頂いております。

ご連絡をお待ちしています。では又。

スポンサーリンク